2021年01月04日

"Greetings for New Year's Day in Reiwa 3rd Year" Nakazawa hotoku

crane-641837_1280.png


We would like to express our sincere congratulations on the new year of the third year of Reiwa (2021).

I am grateful to be able to share with you the greetings to Oo-Kami (the great god) at the beginning of the year. It seems that each of us has renewed our ambitions to receive the protection of Kami this year.

What kind of year was last year for you? This real world is inextricably linked to our origin, the spiritual world. Therefore, we can hone ourselves by knowing the flow of the universe.

By feeling the atmosphere of this year, everyone on this earth can know the right direction to show what they should be.

Eastern thought says that words and letters have "heavenly will". Last year's zodiac sign was Yang Metal Rat, which shows signs of new life and represents action and wealth. Last year, a keen technical and artistic talent was discovered, while the world was in a turmoil. New things that will lead to the future will appear one after another. I said so here a year ago.

Covid 19 spread worldwide, the first to spread in Wuhan, Hubei, China. By doing so, it seems that the experience and wisdom of human beings, nations, and individuals are being put to good use, and new ways of survival and new values ​​are beginning to appear. People all over the world have begun to value their satisfaction and enjoyment, not their possession or external evaluation.

The US presidential election, which takes place every four years, was held last year. There are violations of the United States Constitution in the state government's voting process, including the use of simpler postal voting against Covid 19. There have also been many voting frauds. I think it's a sign of a new stage.

In the Kisei match (Japanese chess), Souta Fujii defeated Akira Watanabe and took the title. He is 17 years and 11 months old, which is the youngest record of coronation.

The asteroid explorer "Hayabusa2" was launched in 2014 and landed on the near-Earth asteroid "Ryugu". The capsule was recovered in December last year.

The Japanese supercomputer "Fugaku" ranked first in four categories including the TOP500 last year, and became the world's first four-crown for the second consecutive term.

Such talents and technologies not only attract attention, but also open up the next era.

As for our association, there are some people who may not be able to visit us due to the influence of Covid 19. On the other hand, there are many people who come to find us on the Internet. At the end of last year, we prepared a lot of amulets to prevent cancer, and many people asked for them.

Two years ago, we received a proposal for a new curtain for the shrine on the first floor, and in April of last year we showed it to everyone.

The scene of the banquet of "Ako Yume Monogatari" dealing with Forty-seven rōnin in December was filmed at this training hall. It's my movie debut. It will be released this spring.

About two years after I was asked to publish a book on meditation, the manuscript was almost complete. However, last year's Covid 19 uproar stagnated my work. Finally, this spring, "Meditation method to multiply your performance ten times" will be published. I am grateful to everyone who has already booked the book. Also, anyone can purchase it on Amazon.

It seems that such a change in the situation of the Shuseikai has already prepared a new stage spiritually.

This year is Kanoto-Ushi in the calendar.

"Kanoto" is in a state of withering plants at the end of autumn in terms of season, and the fruits are rotten and fall to the ground, and the next generation seeds are being returned to the ground. In the Ying-Yang Wuxing idea, Kanoto means meditating, anxious, slow decline, and a painful end.

"Ushi" is a hieroglyph that expresses how you bend your fingers to hold an object, meaning to grab or entangle. It is said that the buds do not grow completely inside the seeds.

Various symbols are included in the calendar. Kanoto-Ushi's nayin is "soil on the wall". This means the soil painted on the wall, and points to a steady, solid and immovable spiritual power.

This year is "sisyuku", which indicates that it is a frustrating year.

From these, this year, while worried and declining, on the other hand, there is a breath of new life. To make the most of it, you need a solid and strong mental power.

Let's look back on the same zodiac, 60 years ago, that is, 1958.

In March, "Einin no tsubo", a pottery jar, turned out to be a fake. It was canceled as an important cultural property. However, the person who made it gained fame that he could make an important cultural property-class work.

In October, the Communist Party of the Soviet Union resolved to remove Stalin's body from Moscow's Red Square.

Sanyuu-jiken is a coup plan to assassinate Prime Minister Ikeda and others, which was discovered in December, and the former military personnel were first applied to the conspiracy to murder for political purposes, and eight people were convicted.

In this way, the heavenly sign of that year affects the earth, and the heritage up to that point is being sorted out, leading to a new era.

From the air that fills the earth, we can estimate what kind of year this year will be for you and for the Shuseikai.

Our daily lives tend to be selfish. So prayer is necessary to regain our own perfection.

Everyone under Genshi-oo-Kami has Kami's great care and the role that Kami has entrusted to him. We thank Kami for his efforts and wish you all the best.

I pray from the bottom of my heart that you will be able to spend a healthy and happy life with the protection of Kami in the new year.

New Year's Day 3rd year of Reiwa

Shusei-kai
The chief shinto priest
Nakazawa hotoku

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

800bikuniによるPixabayからの画像
posted by ほうとく at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

生命維持の「不安」を容認し、解消する

woman-5718104_1920.jpg


不安は大きなストレスです。ところが、現実に生きる生物には、不安が必要なのです。それによって、いろいろな状況の中で、生命の危機を回避するのです。

不安から逃れるために、趣味、飲酒、抗不安薬にのめりこむと、何かある不安を解消することなく、他のことに大きなパワーを費やします。

趣味が人生のわずかな部分であるならば、人生を彩る楽しみごととして済ませることもできます。ところが、仕事、睡眠以外のほとんどが趣味で明け暮れるのは滑稽です。バイクの運転が好きな人が、毎週末に爆音を轟かせながら道路を走り回り、またいろいろな装備を整えていきます。何かのコレクターも、別の解消できない感情を埋め合わせていることが多いのです。

飲酒は、アルコールを体内に取り入れるのですから、心地よくなったりと感情が変化します。そのことは当然のことです。飲酒で心地よくなる、あるいは、日常のストレスから逃れられることに気づいてしまうと、飲酒を想像するだけで心地よくなるのです。これによって依存することになるのです。

抗不安薬は、神経信号の伝達系に作用し、不安を下げます。ところが、脳全体は、肉体の生命の維持を重要課題にしていますから、不安を下げる作用に反応しなくなるのです。つまり、生命の維持のために不安を生じるようになるのです。抗不安薬は、背景で不安を作り出しているのです。

ですから、日常で感じる不安の感情に対抗したり、消滅を期待することは、徒労でしかありません。自分の感じている不安をそのまま認め、むしろ、不安を解消するために、抱えている不安の源泉を探ったり、安心できるように現実を整えたりすることが必要なのです。

press 👍 and ⭐によるPixabayからの画像
posted by ほうとく at 18:25| Comment(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

「全米ナンバーワンビジネススクールで教える起業家の思考と実践術: あなたも世界を変える起業家になる 」

とても面白いご本をお送りいただきました。感謝です。

「全米ナンバーワンビジネススクールで教える起業家の思考と実践術: あなたも世界を変える起業家になる 」山川 恭弘 著・大前 智里 ストーリー・構成

起業を成功に導くために必要なのは、「行動ありき」「失敗ありき」「人を巻き込む」の三原則をひたすら繰り返すこと。行動(試行錯誤)し、そこから学習(仮説検証)し、改善(軌道修正)する。その反復演習だ―。

などとあって、そうそうなんだよね、ビジネス書でよく知られているようなネタなんだけど、と思いながら、パラパラ見ると、企業で成功のための処方箋がテーマごとにドラマ仕立てになっています。主人公の関西弁も、取っ手付けたようなものではなく、ストーリーを追っているつもりが、テーマが自分に入ってくるほどになじみます。

500ページ近い大部のご本ですが、ストレスなく読めます。記憶にとどめるために復習をするほうがいいのか、なんとなく潜在意識に入れるほうがいいのか、いずれにしても、実際には、ストレスの小さな状態で失敗をし続ける、あるいは修正し続けることを承認すればよさそうだと気付くご本です。


posted by ほうとく at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

「筋トレ」ならぬ「心トレ」でたくましく生きる

victor-freitas-hOuJYX2K5DA-unsplash.jpg


身体を鍛えるように心を鍛える必要がある。身体は、筋肉のトレーニングで鍛え、筋力や持続力などで測られる。心は、心のトレーニングで鍛え、信じる力で測る。

「信じる」がなかなか難しい。

「誰か」を信じる、ではなく、「自分が」信じることが焦点になる。自分が信じる誰かは問題ではなくなる。つまり、自分が「誰か」を信じることが「自分を」信じることと等価になる。

信じる力は、その信念の大きさではなく、迷いのなさだ。

選択肢を多く抱えたままだと、自分がゆらぎ、疑念を発しやすい。選択肢が多く、自由に選べることは、豊かさだ。しかし、その選択はストレスを伴い、また、確からしさを奪う。

迷いをなくし、信じる力を上げるのには、確からしい誰かの導きが必要だ。
posted by ほうとく at 20:47| Comment(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

大人になって分かること---タイムマシンでどこに行くのか

daniele-franchi-WyJ0rahs_2k-unsplash-10.jpg


タイムマシンで過去や未来に行くというのは、想像力たくましい人類の発明だろう。飼っているが犬が30年前を見てきたよ、とか、樹でミーンミーンと鳴いている蝉が100年後を見にいきたいと思っていることはなさそうだ。彼らは、過去や未来に思いを馳せたりせず、今を精一杯に生きているように思える。

タイムマシンでの行き先は、過去や未来だ。私が子供のころ、タイムマシンで気になったのは、過去や未来のある時ではなく、どこに降り立つのかということだった。自分の思う「ここ」、あるいは「そこ」に、自分がそのままに降り立つことができるのかが問題になってしまった。3つの疑問が生じた。

一つは、今いる地球上のどこかから、未来の同じ場所に到達するということはどういうことか。今の自宅が100年後に工場だったら、工場に降り立つのか。その場所が隆起したり、土盛りをして、同じ位置が地中になっていたら、自分は、土の中に現れるのか。

2つ目は、地球は自転し、公転もしていて、太陽系全体が銀河系の中で移動している。銀河系も、同じ位置だと言えない。そうすると、あるとき「ここ」だと思ったそこは、100年後には宇宙空間のある場所だ。星などないところの可能性が高い。「ここ」に自分が100年後にあらわれるのは、宇宙空間に放り出されるということだ。それ以前に宇宙空間中のある位置は、特定できるのかという疑問もある。全体が推移している中では、ある位置は、そのままある位置だということにもなるのか。

3つ目は、時間を移動する自分は、何か。自分は、その肉体なのか。肉体の臓器は自分か。食事中の口の中の食べ物、手にした手帳、身につけた服装は、未来にあるのかどうか。肉体だけだと、裸で降り立たなければならない。他方で、降り立つ場所には、その直前まで、何かがあっただろう。そこに降り立つ自分とそこにあったものは、どのようにあるのか。そこにあったものが、交代するのか、消え去るのか。消え去るとすれば、どのように消えるのか。そこにあるものを自分が共有するというのか。そこに椅子があるならば、椅子と自分が合体したものとなるというのか。

タイムマシンは、子供に大きな問題を投げかけた。「いつ」を問うているように見えながら、「どこ」であり、自分が「なに」かを問うことになった。もちろん、大人になった自分が見返せば、見えてくることがある。「いつ」は「どこ」であって、自分は、思考しているもので、そこの全体を含んでいると。
posted by ほうとく at 22:20| Comment(0) | 真理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする