2018年10月26日

「神さま、お願い」のかなう内容とは

fc2290e7d1c7d37d727a01a59666db09_m.jpg


神頼みするときには、どなたもが自分の都合で、神頼みをなさいます。自分の都合は、大自然のあるべき状況に関係なく考えている内容です。伺うと「それ、ちょっとちゃうで」ということもあります。

皆さんからいろいろなご祈祷の依頼があります。その成就を、毎朝、神前で願い出ます。どなたもが幸せになりたくておっしゃっています。

「今度の契約で相手が、ウンと言うように」「話し合いが思い通りにいくように」「息子の受験がうまくいくように」という願意は、願い出ている方のお気持ちからいえば、当然です。その結果を心待ちにしていらっしゃるのも当然です。

その内容は、相手や周囲に迷惑をかけています。自分の都合があって、相手にそれに従わせようとしています。受験は、だれもが合格したい中で、自分の子供が通れば、だれかが落ちるのです。そのままに祈れば、思いがかなったとしても、自分に厄災が出ます。

そうした内容が含まれている場合には、わたしは、そのままに神前でご奏上しません。「今度の契約が、当然の結果になりますように」「話し合いが、あるべき状況になりますように」「受験で実力を発揮し、あたりまえの結果が出ますように」と変更します。祈祷をお受けすると、たいていはかないます。

私たちが、思い描く願い事は、かなって当然のことかもしれません。ところが、人生の経験で、かなわないことがあったり、世の中では理不尽なことがあるという考えた方ができてしまいます。ですから、神さまの力を借りなければ、成るものが成らなかったりして、「なんでやねん」となります。

神さまのお力は、成るものは成り、成らないものはならない結果を出させていただけることです。成らなければ、因縁の解消になります。「ああ、なるほど」と得心が行きます。

本来の自分の姿をきちんと出させていただくように神頼みができるようになれば、いつでも望みがかなうようになります。
posted by ほうとく at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: