2017年08月28日

表の顔、裏の顔

d46e274b922bc4e05c2150e9210df927_s.jpg


だれでもちょっといい顔をしたいのです。「昨晩も、友だちとレストランでディナーをしたのよ」「ニューヨークに住んでいてさあ」「私って、優しいから、、、」「いいクルマに乗ってるだろう」「美貌を見てね」「ぼくは賢いんだよ」「俺の男らしいところはね、、、」

意図的に見せようとしていることは、意図的に隠そうとしている部分があるのです。その意図を確実に知っているのはその本人だけです。見えている部分で、当人が意図して見せようとしているのか、そうではなくその人の普通のことなのかは、その人しか知らないことです。

金持ちを装うのは、それほどにお金を持っていないということです。美貌を見せようとするのは、ほんとうはそうではないということです。優しさを表面に見せているのは、ほんとうはそうではないのかもしれません。紳士的な人が、暴力的な姿を隠しているのかもしれません。

自分を偽るための内面と表面のギャップなので、芳しくないことは当然です。ですから、訳知りの人たちは、その偽りを消化しなければならないと説明します。しかし、詳細に見れば、そのギャップは、内面に生じたストレスであり、表面化することで、より大きなストレスを生じる可能性を含んでいるのです。人さまの悪い評価などに耐えなければならないこともあります。

詳細に検討すれば、内面に隠している何かが、人さまに広く見せるものでない場合もあります。その場合、自分だけで承認する、あるいは、それを共有しても良い人に明かせば、こと足りるのです。
posted by ほうとく at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ・幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック