2014年05月27日

癌は、家族のだれかが傍若無人に振る舞うのと似ています

観覧車 by マグナ 1141553フォトライブラリー.bmp

家族は仲よくできる方が良いのに決まっています。それは、他の家族のことを思いやり、それぞれの役割を分担することです。

ところが、そうならないこともあります。家族のうちの誰かが、たとえば息子が、仕事にもいかず、引きこもりながら、好き勝手なことをし続けたり、彼の思うようにいかなければ、家族を脅かすなどということがまれにあります。

そうした息子の振る舞いに対して、家族が威圧や暴力で矯正しようと試みます。そうすると、その息子よりも家族が疲弊し、家族全体が乱れることになったりするのです。彼がそうする原因は、別のところにあったりするのです。

癌も、そうした状況によく似ています。

癌細胞は、ご自身の細胞由来で、しかし、身体の本来の組織とは無関係の増殖をするものです。癌という病気をよく考えずに、そして、癌になったほんとうの理由を考えることなく、治そうとすることに無理があるのです。自分自身の細胞由来の癌細胞を攻撃する治療は、癌化していない自分自身の細胞も攻撃するので、とても過酷な状況になるのです。

私たちは、魂の成長のためにこの世に降り立っています。そのためにこの肉体を駆使しているのです。その肉体は魂の操り人形です。しかし、そこに不具合が生じるのは、魂の成長に必要だからです。それは精神状態が知っています。心が揺らいで、その整理がうまくいかなければ、身体の問題となって現れるのです。

癌になった方の肉体を襲う霊体がいます。邪霊ではありますが、強力です。その霊体が、肉体が痛めつけます。その霊体が寄ってきた理由があります。ですから、その理由を考え、他方で、邪霊を除かなければなりません。次いで肉体の治癒に努めなければなりません。

写真「観覧車」by マグナ
フォトライブラリー http://www.photolibrary.jp/
posted by ほうとく at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック