2013年12月07日

「本物とは何ですか」という質問を受けました

6217855.jpg


「本物とは何ですか」という質問がありましたので、それに答えました。偽物ではないものです。あなたの宝物です。大英博物館にあるわけではありません。以上3点セットで回答としました。

偽物は本物には成り得ません。当事者がありがたく扱う、あるいは慈しみをもって扱うものです。本物をぞんざいに扱うことができるでしょうか。本物の持つ価値を認めない、つまり本物であることを認めないことから生じる振舞いです。

彼方にある大英博物館の所蔵物は、偽物ではないと言う意味での本物かもしれません。しかし、偽物を所蔵していないと言う確証はありません。ましてや当事者の真贋の識別が及ぶところではありません。

本物だと己が確信できるものだけが本物です。感性が低い、あるいは知識がないために、本物かどうかを自分で識別することができなければ、他者が偽っても分かりません。世に知られる博物館や美術館の所蔵物を本物だと信じることと、本物かどうかが分かることは別なのです。

自分の身近になければ、本物かどうかを知ることは困難です。そして本物であれば、いとおしく大事にすることでしょう。日常的に使うものであっても、ふだん目に触れるものでなくても。

写真:リンゴ盛り by ユウ屋
写真素材-フォトライブラリー http://www.photolibrary.jp/
posted by ほうとく at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 真理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック