2013年01月05日

なかよし祈祷は、とりなしの祈りで無病息災を願います

だれか人さまのために祈るのが、とりなしの祈りです。仕事や生活を思い浮かべながら自分のことで精一杯という方でも、人さまのために祈ることはできます。思いさえあれば、いつでもできることです。

己のために祈るのは、意外に難しいことです。利己的な祈りは、神さまに通じません。しかし、人さまの幸せを祈ることは、純粋です。それが、その人を救うのです。

だれでもができることが、とりなしの祈りです。そして、クリスチャンの方にとってとりなしていただけるスーパースターは、イエスでしょう。もちろん、クリスチャンのどなたもがとりなしの祈りをなさっているのではないでしょうか。旧約聖書では、アブラハムも、モーゼも、ダビデも、とりなしの祈りを捧げたのです。

私たちのだれもが、人さまのお幸せを願われることでしょう。ですから、それぞれ思うところに従って、人さまのお幸せを祈っていただければ良いのです。しかし、現実は、なかなかその祈りすらもままならない。そこで私たちにおまかせいただくことになるのです。私も、神さまのみ前で、どなたもがお幸せなになられるように祈ります。

当会で用意している「なかよし祈祷」は、自分のための祈祷ではなく、人さまのための祈祷で、何事かの成就ではなく、無病息災を願います。これほどに日常的な幸福はありません。自分の周囲の人が、何事もなくお暮らしいただけるように祈ることは、神々の望まれることだろうと思うのです。
posted by ほうとく at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ・神さまごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック