2012年11月09日

おこりんぼを卒業した青年に拍手

青年が何年も通ってくる。元おこりんぼさんだ。しかし、今はそうではない。オジンになって丸くなったというのでもなく、早々と変わった。本人は、変わっていないと言い、今も怒ると言う。同時に、かなりおさまっていることも本人自身が承知している。そして、謙虚にも、本人は完全だとは思っていない。彼は好青年になった。自ら感情のコントロールの力をつけたのだから、今後に何の心配もない。

怒る程度が少しでも小さくなり、あるいは怒っている時間や頻度が減ることは、良い人生の基礎となるだろう。怒りの感情は、自分の肉体を傷め、病気やけがにつながりやすい。自分自身の感情をコントロールできると、人さまとの関係も良くできる。そうしたことに気づいた人たちは、怒らないように努力をすることになる。だが、「努力」だけが、怒らないようにする方法ではない。

私は、先日、彼に問うてみた。

「怒らないようにしたのではなく、怒る自分を認めたんだね」

その通りであった。

かつては、おこりんぼの自分に苦しんだことだろうと想像する。自らの芳しくない姿を認める勇気は、だれにでもあるわけではない。自分の芳しくない性格に気づくと多くの人は苦闘する。彼は、自分のプライドを捨てた。おこりんぼだと自分が認めた。そうすれば、自らがおこりんぼの役割を完了する。だから、怒る必要がなくなる。

自らの不都合な姿を自分で認めることで解決を図ることは、わりあいよく出てくる話だ。しかし、そうする人はかなり少数だ。

自分の芳しくない性格を正しく把握すること、そして、芳しくない自分の姿が現実のものだと認めること、そうして解決する。拍手喝采だ。
posted by ほうとく at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック