2012年09月11日

ボジョレーヌーボー解禁日のめでたさ

わが家には、食事でふだんからワインを飲むと言う習慣はありませんでした。昭和50年代の中頃、30年ほど前のことをお話ししようとしているのですが、たぶん多くの日本の家庭が、当時、そうだったろうと思うのです。ですから、ワインやチーズについて詳しいことが、文化人ふうだったのです。今でもそうした雰囲気はありますが。

学校帰りによく立ち寄ったそのお店で、私は紅茶をよくいただいていました。親しくしていただいていて、ボジョレーヌーボーの解禁日になると、ワインです。女主人が、どこかで買ってくるのです。「めでたい、めでたい」という感じです。ボジョレーヌーボーで、なんだか、めでたい感じにお付き合いさせてもらっていました。

めでたいことには、お付き合いさせていただきたいものですね。その空気を受け取れば、元気が出ます。
posted by ほうとく at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ・幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック