2011年10月13日

メールマガジン、月刊「現代の生活に古代の智恵を活かす」の第2号「アニミズムに由来する「もったいない」は、物も人も活かします」を発行しました

月刊で発行するメールマガジン、「現代の生活に古代の智恵を活かす」の創刊第2号を無事発行できました。タイトルは「アニミズムに由来する「もったいない」は、物も人も活かします」です。

私たちの日常には、日本の原始宗教、つまり古神道的な要素を含んでいます。今回取り上げたのは、「もったいない」です。

先進諸国ですでに失われてきた原始宗教的な内容には、現代の私たちであっても幸福のために必要な部分があります。見渡せば、日常に見え隠れする古神道的な要素を、今後も、メルマガで取り上げます。

「アニミズムに由来する「もったいない」の冒頭の「要約」の部分
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今回は「もったいない」が精霊信仰(アニミズム)に由来することを説明します。それは、無駄を省いて経済的にしようという自己中心的なものではなく、ものに対して「ありがたみ」を感じて大事に使わせていただこうとするものです。その結果、私たち一人ひとりが社会の中で、あるいは人類が地上の大自然の中で活かされるのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
登録をしなくても、バックナンバーを読めますので、ご覧ください。
http://www.mag2.com/m/0001332631.html
ご興味のある方は、ご登録ください。「現代の生活に古代の智恵を活かす」の登録、解除は
http://www.mag2.com/m/0001332631.html
posted by ほうとく at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック