2011年08月19日

内閣総理大臣の代数からみて新しい日本が見えてくるのはいつか

家業を継いでいらっしゃる方も多いことでしょう。その方々は、自分に託された役割があるらしいとお気づきだと思います。創業者、二代目、三代目と、その代それぞれの役割があるのです。5代目、8代目を継いでいらっしゃる方々もおられます。

国家は歴代総理大臣の代数に大きく影響されそうだと想像できます。「中国算命学近未来大予測(清野芝香著 評言社 平成11年)」によれば、1ブロックは西から始まり北、東、南、中央の5代です。5代のブロックが、6ブロック、AからFまで一巡です。各ブロックは次の通り。

A国家エネルギーを燃焼させる上昇期
1929年、フーバー、ルーズベルト、トルーマン、アイゼンハワー、ケネディー、
1964年、佐藤栄作、田中角栄

B平和で明るく、華やかな時代
1963ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガン
1974年、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸、

C矛盾する要素が混在する変動期
1989年、ブッシュ、クリントン、ブッシュ、オバマ
1982年、中曽根康弘、竹下登、宇野宗佑、海部俊樹、宮沢喜一

D女性的な平和が訪れる時代
1993年、細川護熙、羽田孜、村山富市、橋本龍太郎、小渕恵三

E国民の主張が聞き入れられる時代
2000年、森喜朗、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎

F新しい時代を準備する時代
ルーズベルト、タフト、ウィルソン、ハーディング、クーリッジ
1957年、岸信介、池田勇人
2009年、鳩山由紀夫、管直人、○、○、○

「時代の大きな変化の中で今年、2008年の抱負を必ず実現させる(中澤鳳徳講演)」資料に加筆
参考「中国算命学近未来大予測」清野芝香著 評言社 平成11年

現在、日本の内閣は、Fブロック、管直人首相で北にあるということが分かります。Fブロックは、「中国算命学近未来大予測」では、「失業者増大、経済の疲弊、国家全体が武力的、経済的に弱体化、革命が起こりやすい」とあります。その幕引きまで、そして国力が増加し、国威ができていくAブロックまで、もう間もなくだと分かるのです。
posted by ほうとく at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史の潮流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック