2011年06月02日

寝床で一日に15分の睡眠、キリンの不思議

キリンのいる所、、、、動物園というのではなく、もともといた所は、アフリカの東南部。そのサバンナをさっそうと駆けるキリンがいます。

長い首に小さな頭部、丸い物憂げな、あるいは優しげなひとみで大地を見渡して、ときにあの長い脚でアフリカの大地を蹴って、優美に走る姿は、しかし何か特別なときの姿なのかもしれません。

キリンは、草食獣ですが、ライオンに襲われると、キックで応戦し、蹴り殺すこともあると言います。

高い所にある木の葉をふだんは食べていますが、水を飲むときはしゃがまずに前足を大きく左右に広げ、立ったままで水を飲みます。

しゃがまないのです。スマートに見えるキリンですが、体重は1トンもあります。立ったままでいるのもたいへんだと思うのですが、立ち上がるのがもっとたいへんなのかもしれません。それにキリンの最高血圧は平均260mmHg、最低血圧が平均160mmHgもあります。頑丈につくられているのかもしれませんが、急激に動くのは無理があることでしょう。

肉食獣から身を守るためか横になる時間は限られているのです。横になって眠るのは一日に15分から20分。その代わり立ったままで、断続的に睡眠をとっているらしいのです。その時間は、5時間ほどになるようです。
posted by ほうとく at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック