2011年01月11日

「古代のエジプトとギリシアの関係」がテーマです。豊かな神話を持つ多神教の古代エジプトと古代ギリシアを扱います。探求会(1月15日、ホテル日航姫路)

エジプトもギリシアも古い国家です。近いところに位置し、またいずれも多神教国であり、豊かな神話が残されています。

古代エジプトの成立は、紀元前3000年。古代ギリシアの成立は、2200年ほどのちの紀元前800年です。地理的には、地中海を隔てて、目の前とも言うほどに近いところに位置しています。ですから良い関係であっても、悪い関係であっても、長いつきあいです。しかしその関係は、あまり取り沙汰されることはありません。じつは戦争をしたことがないのです。ですから歴史で目立つことがらである征服した、征服されたという関係がないのです。紀元前300年ごろには、アレキサンダー大王がその両方の国を支配しています。その後、ローマが台頭し、エジプトはクレオパトラの時代に滅びました。

紀元前400年頃、ギリシア人の歴史家ヘロドトスは、「エジプト−ギリシア 神様名変換表」を作っていますので、その両国で神話が対照できるほどに似ていたのです。口頭伝承であったギリシア神話の起源は、紀元前900年頃とされていますので、エジプト神話が伝わった可能性があります。


かつてエジプト、メソポタミア、ヒッタイトの文化圏は、シリアで重なっています。ですからシリアを通じて、多くの文明が交流したと思えるのです。シリアは、現在でも地理的に不安定で、国防に力を注いでいます。

今回は、古代のエジプトとギリシアについて宗教などでの相違をみながら、その両国の関係を見渡してみます。

ご興味がありましたら、ぜひお越しください。

探求会「古代のエジプトとギリシアの関係」
日時 / 1月15日(土) 午後1時半から午後3時半
場所 / ホテル日航姫路 1階ファウンテン個室
費用 /1万円 (参加時にお支払いください)
講師 / 中澤鳳徳

セミナーの内容を録画、録音して、活用することがあります。
posted by ほうとく at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ・修生義塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック