2010年12月01日

「藤原正克氏の神職身分 特級昇進を祝う会」に出席しました

近畿宗教連盟の役員会などでお会いする長田神社の宮司、藤原さまが神職身分 特級に昇進されました。そのお祝いの会が、昨日、11月30日にホテルオークラ神戸であり、出席させていただきました。兵庫県知事、神戸市長など数百人の方のご参集を得ての盛大な会でした。お席の表で肩書を見ると、神社関係の方は、北海道から沖縄まで、全国の神社からお越しになっています。もちろん宗教関係で言えば、仏教やキリスト教の方々もいらっしゃっています。

社会的にいろいろなお役を負ってご活躍の方々が、祝いの場にご参集され、その空気を盛り上げ、そしてその空気を持ち帰られるのです。

大藏流狂言「福の神」で、とてもめでたい気分にさせていただきました。年末にはよく演じられる狂言で、とてもおめでたい、そしていよいよ年の瀬を感じさせられる演目です。幸せに暮らすには、「早起き」「慈悲」「夫婦和合」「隣人愛」が必要だと説きます。お若い方がステージ上でご活躍されるご様子も、頼もしいものです。

私は早く着いて、そこでお出合いした九州の神主さんといろいろにお話をしました。神武天皇や大学卒業からのご奉職について、興味深いお話をたくさんにお伺いできました。誤りや無駄というのは、きっとないのではないかと思わせていただくひとこまとなりました。

その前日、大阪での近畿宗教連盟総会でお会いした方々に、神戸でお会いすることになり、みなさま、お忙しいことだと感心です。
posted by ほうとく at 23:21| Comment(1) | TrackBack(0) | ・兵庫県単立宗教法人連合会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なブログですね。
読ませて頂きありがとうございます。
また来ます。
Posted by こんにちは at 2014年05月14日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック