2010年10月05日

中国とエジプトの人面獅子身の神 中国とエジプトの人面獅子身の神

古代中国や古代エジプトが栄えた時代には、私たちは十分な通信や交通の方法を持っていなかったと信じられています。つまり古代の中国とエジプトは人間の営みとしては無関係だと思われています。

戦国時代から漢に編纂された「山海経(せんがいきょう)」は、中国の地理書です。その中に開明獣(かいめいじゅう)が書かれています。天帝の宮殿の門の門番で、虎の体に人間の頭があります。

その姿は、エジプトのスフィンクスと同じですね。人面獅子身は、エジプトにもあります。メソポタミアや古代ギリシアには、ライオンの身体、人間の女性の顔、鷲の翼を持つ怪物がいます。
posted by ほうとく at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ・古神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック