2010年08月27日

癌封じをする

癌は、かつて不治の病だと怖がられていました。そして現在であっても、怖い病気ではなくなったとは、とても言えません。

自分の肉体であるにもかかわらず、その組織が、勝手に、つまり自分の予定している組織とならないで、細胞が増殖してしまうのです。自分勝手な行動は人間社会でも困りものですが、自分の身体の中のことでもそうです。

多くの人が、癌の痛みに苦しめられます。癌そのものの治療と痛みを押える薬を必要とします。

どのような病気であっても、病気になって治療するより以前に、その病気にかからないようにすることが基本です。

当会では、癌についてお守りを用意し、また心願成就のご祈願で、癌についてのご依頼いただきます。癌の予防、治癒、元気になってほしい、再発の防止という希望もあります。痛み、微熱、むくみ、食欲不振などを解消してほしいと願われる方もいらっしゃいます。皆さまのご依頼を受けて、それぞれに願われていることをご神前で奏上させていただいています。
posted by ほうとく at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ・神さまごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック