2009年09月16日

勘に頼れない時には、いちおう熟考をする

自動車や自宅を決めるのに、即決即断をしますか? 「勘が働いたので、すぐに決めちゃったよ」という人は、勘が鋭いのか、勇気があるのでしょうね。

鉛筆を買うのに、文具店で悩み、あれがいいかなあ,これがいいかなあと、触ってみて、考え込み、卵を買うのにどこが安いだろうとチラシを積み上げ、自動車で駆けつける人がいます。買い物にかける熱心さですね。仕事をして得た生活の糧を、有効に使うために、無駄遣いをせずに、良い道具で仕事をしたい、あるいは家族のためによりよい商品を持ち帰ろうされているのです。

どなたでも、鉛筆や卵の価格の何万倍、何十万倍もの高額商品、そして人生の重要な部分を占める自動車や家を購入するのに、とても、とても、たくさんの資料を積み上げ、しっかり調べ、悩み、考え込んだはずですよね。

自動車や家屋のためにしっかり考えたいですね。鉛筆や卵で30分間、調べたり、買い物の時間を費やするならば、その10万倍くらい、しっかり考えよう、と思いましたか?

30分の10万倍は5万時間。一日8時間、費やするならば、6000日。

ん? 自動車や家屋の購入に、6000日も費やしていないですね。即決状態ですね。みなさん、けっこう勘が鋭いのか、勇気があります(^o^)
ラベル: 熟考 自動車 家屋
posted by ほうとく at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック