2009年06月13日

怒りには自分を理解してもらえない悲しみがあります

能で見る般若の面についてお話ししましょう。

かつて母と能を観に行ったりしていました。一人で、あるいは知り合いの方と能を観に行く機会もありました。劇場での舞台もあれば、神様に奉納するための薪能だったりもしました。

能は能面をつけて、演じます。その中に般若(はんにゃ)があります。嫉妬する女の怨霊で、うらみや怒りと悲しみを現しています。面の上下で表情が違うので、その傾きで、見る者の感じ方が変わるのです。

般若は、怒っています。その理由は「何で分かってくれないの、だから悲しい」ということで怒っています。嫉妬を通じて怒りを募らせるものです。

「どうして私のことを分かってくれないの」「だから悲しい」「それで怒っているのよ」

わたしたちは、自分を理解してもらえないことに、とても悲しい思いをします。わたしたちが怒っているのは、理解してもらえない悲しみがあるからです。

「般若」は、梵語のPannaに語源をもちます。それは「最高の智慧」という意味です。般若は、改心します。「最高の智慧」をそのとき駆使して、悟ることを示唆しているのかもしれません。
posted by ほうとく at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ・幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック