2017年05月09日

自分のコントロール下で怠ける

188b6a73072e5c42a550ee50fe25e692_s.jpg


頑張り屋さんは、がんばります。ところが、自分の期待している頑張りと、現実が異なることがあります。一方では思い通りにがんばれないことがあります。そうすると、できなかったことに意識が向かい、「いっそ」「どうせ」と考えて、あるいは休憩と称して怠けてしまいます。他方、思う以上にできたときや、周囲から高い評価を受けると、少しぐらい怠けても良いと思って、やはり、怠けてしまいます。いずれの怠けかたも、頑張り屋さんには、想定外なのです。ですから、怠けることを自分で調整できない、ノーコン(ノーコントロール)状態になるのです。その結果、怠けすぎることになります。

自分が、頑張り屋さんだと思うならば、怠けることも自律して実行できるようにしておく必要があります。あらかじめ、怠ける時間や怠けかたを用意しておくのです。そうすれば、思う以上にできたときや、逆にできなかったときに、自分のコントロール下で、つまり自律的に怠けることができるのです。依存しない怠けかたができるのです。
posted by ほうとく at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする