2011年02月28日

「おしるこ」と「ぜんざい」は、関西と関東では異なります

お正月に用意したお餅を入れたぜんざいをいただく機会があります。小豆の粒の感触も心地よいものです。甘さを極めるために、塩昆布を添えていただくこともあります。冬には温かくおいしいものです。おしるこは、漉し餡(こしあん)でできています。私は少し小振りな器でいただきます。

という話は、関西の話です。「おしるこ」と「ぜんざい」は、関西と関東では異ります。関西のぜんざいは、関東で言う小倉汁粉で、お餅などが入ったものです。関西のおしるこは、お餅などが入っていないか、気にならないほどの御前汁粉と関東で呼ぶものです。

関東で言う「汁粉」は、漉し餡の「御前汁粉」と、つぶし餡、あるいは粒餡(つぶあん)の「田舎汁粉」「小倉汁粉」を含んでいます。「善哉(ぜんざい)」は、餅や白玉に粒餡を添えたもので、汁物ではなく、関西で言う「亀山」のことです。ぜんざいは、餅や白玉を含んでいるのですが、関西では、汁物で、関東では、そうではありません。

関西の人から言うと、汁粉と呼ぶのに「小倉」汁粉に粒餡が入っているのはおかしい、ということになります。関東の人から言うと、小倉汁粉を汁物ではないはずの善哉と呼ぶのは、おかしいことになるのでしょう。

関西のおしるこは、餅が入っていることが前提ではありません。しっかりお餅などを入れてあるときには、「こしあんのぜんざい」です。


  関西                    関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(お)しるこ(漉し餡、こしあん)   御前汁粉(漉し餡、こしあん)

ぜんざい(粒餡、つぶあん)      田舎汁粉、小倉汁粉
  餅、白玉が入っている         (つぶしあん、粒餡)
     
亀山                 善哉



私が見慣れている表記は、「おしるこ」「ぜんざい」です。「しるこ」「ごぜんしるこ」は見たことがないけれど、「汁粉」「御前汁粉」の表記は、よく出てくるので、平かな、漢字の表記に分けてみました。
posted by ほうとく at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日のつぶやきTwitter

NakazawaHotoku 『2011年02月26日のつぶやきTwitter』神と人のはざまで|http://bit.ly/fEm2Na at 02/27 00:41

NakazawaHotoku @starring312710 ありがとうございます。ハッピー様のますますのご活躍をお祈りしています。 at 02/27 10:23

NakazawaHotoku 『巫女装束のさくらふくむすめが活躍した幸運祭を写真でご紹介します』神と人のはざまで|http://bit.ly/hEScZb at 02/27 21:59

NakazawaHotoku @m_wizard ご覧いただき、とても感謝です。神さまのご加護は、ご縁のある方はどなたもがお受けになっていると思いますよ。弱気にならずにご活躍くださいね(^o^) 就活関係のことかなあ。 at 02/27 22:37

NakazawaHotoku @m_wizard 社会の中で生きることに戸惑われるのは、あまりに当然かもしれませんね。ご自身のきれいで、完成した世界から大きく隔たる社会でしょう。けれど、そこで学ぶのですね。学びながら、生活費もいただけるのもステキだと思いますよ。 at 02/27 23:33

NakazawaHotoku @m_wizard 世界には、面倒なことも多いのですが、ステキなものも多いものです。星が人を操っているのではないかと思うこともありますね。無理をなさらずに進めてくださいね。大きな神はからいがあると思いますよ。 at 02/27 23:46

NakazawaHotoku @m_wizard ゆっくりお休みになって、すてきな明日をお迎えくださるのがいいと思いますよ。きっとすてきな神はからいの成果が現れますよ。 at 02/27 23:53
posted by ほうとく at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする