2011年02月08日

祖母が暗い電燈の下で繕い物をしていたのを思い出して、合理的ではないリズムの中に豊かさの秘訣がありそうだと思う

祖母は夜に繕い物(つくろいもの)をしていた。薄暗い電燈の下で、針に糸を通すのにも手間取っていた。針や糸をあちこちに向けながら、うまくいかず、結局、私が糸を通していた。

朝に洗濯をする。それを明るいうちに取り込む。タンスにしまう前に、畳の上で折り畳みながら、一つひとつ見て、必要に応じて、繕い物をしていた。日常の少し落ち着いた夜の時間を繕い物にあてていたのだ。

合理的に言えば、のんびりした時代の遺物のようなリズムのとり方だ。洗濯物を取り込むと、私たちは、素早くタンスにしまいたくなる。暗い電燈の下で繕い物はつらい作業だ。だが繕い物を夜にすることは、生活のリズムとしてはよくできていた。慌ただしい時間のあと、テンポを落としてできる作業にあてていた。

合理的に進めるならば、取り込んだ洗濯物を、タンスにすぐにしまい込んだ方が無駄な時間は少ないかもしれない。繕うならば、片づける作業とは別に繕う時間を設けた方が良いだろう。しかし実際には、慌ただしく生活している私たちは、合理的なはずのリズムの中で、心地よく繕い物をすることができるのだろうか。

私たちは、合理的に生活を営めるようになった気になっているが、気まぐれに生じる繕い物を、日常的に心穏やかに成すことができず、その結果、なおざりにする。これほど貧しいことはない。

心穏やかに日常を送るためには、日常的には不必要かもしれない作業を含めた一つの流れを、ただ黙々と進める以外はないのかもしれない。
posted by ほうとく at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ・幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日のつぶやきTwitter

NakazawaHotoku 2011年02月06日のつぶやきTwitter | http://bit.ly/fOB1gh at 02/07 00:45

NakazawaHotoku 紅白の小袖(こそで)と緋袴(ひばかま)の巫女装束で、さくらふくむすめがデビューします。2月11日(建国記念の日)の幸運祭です。応援してあげてくださいね。姫路市 修生会 at 02/07 11:34

NakazawaHotoku 紅白の小袖(こそで)と緋袴(ひばかま)の巫女装束で、3人のさくらふくむすめがデビューします。2月11日(建国記念の日)の幸運祭です。応援してあげてくださいね。姫路市 修生会 at 02/07 11:34

NakazawaHotoku 2月11日(建国記念の日)に幸運祭が執り行われます。ご家族でお越しになって、幸せをお持ち帰りください。姫路市 修生会 at 02/07 11:35

NakazawaHotoku 正月気分が、まだ抜けきらないと思います。まだ旧暦のお正月だからです。この時期にお守りやお札を新たにすることが多いと思います。何年も手元にお持ちのお守りやお札があったら、この時期にお返しする、あるいは換えさせていただきましょう。兵庫県 修生会 at 02/07 11:35

NakazawaHotoku 「幸運祭のためにさくらふくむすめさんを交えて打ち合わせをしました」を掲載しました。巫女(みこ)装束のさくらふくむすめのみなさんを応援してあげてくださいね。http://syusei.or.jp/05/ at 02/07 12:06

NakazawaHotoku 2月11日(建国記念の日)に幸運祭が執り行われます。ご家族でお越しになって、幸せをお持ち帰りください。姫路市 修生会 http://bit.ly/hNIKJS at 02/07 17:39
posted by ほうとく at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする