2009年08月29日

自分の家の邪霊を排除する

生活の基盤となる自宅で、仕事場などで抱えてしまったイヤな気分を癒し、元気を取り戻したいですね。ところが邪霊が間近にいると、なにかと不具合が起きます。あるいは妙に運が悪い感じになります。

部屋の中に置いてある物の間に邪霊が潜んでいて、悪さをします。あるいは置いてあるものが、がらくたであれば、その雰囲気が住人を引き込みます。

そのときは、部屋の中を整理してみましょう。邪霊の居場所をなくし、あるいはがらくたを廃棄するのです。

現実的には、ものを扉のついた棚やふたのついた箱にしまい、邪霊を動きにくくし、あるいは人形、ぬいぐるみ、写真などは、場合によって供養し、それ以外のがらくたは、ゴミにして処分します。
ラベル:邪霊 がらくた
posted by ほうとく at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ・幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

直感を磨く方法

幸運をつかむのも不運から免れるのも、運です。運は、理性で見つけ出すものではありません。直感で見つけるのです。直観が働くようにふだんから準備をしておかなければなりません。

「直感さん、働いてね」と語りかけるというのはどうでしょうか。かすかに、あるいはまれに直感さんが何かを教えてくれたときに、すかさず「どうもありがとう。それに従うわ」とこたえれば、直感さんは、喜んで、これからもっと教えてくれます。

せっかく出てきた直感に対して、あなたが「だって、そんなこと」と言って直感さんの伝えてきたことを利用できなかったら、直感さんは、あなたに教えがいがないから、だんだん出てきてくれなくなります。

直感さんに感謝です。
ラベル:感謝 直感
posted by ほうとく at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受験生が崇めるべきもの

だれであっても、自分自身をさげすむようなことをしてはなりません。「自分は不運不幸が好きだ、七転八倒したい」というのでなければ。

自分が受験勉強で良い成果をあげようとしているときに、「大学だけが人生じゃない」「がんばって勉強するなんて、かっこうが悪い」とばかにしてはなりません。大学や勉強から自分が見放されます。

北西は、風水的にはありがたい方角です。受験しようとする学校の写真などを勉強部屋の北西に飾ります。神頼みをするなら、ふだんからそのありがたみを感じてほしいので、一度はお参りして、お守りを持つというのもいいですね。
posted by ほうとく at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・受験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己分析のために友人を使う

あなたは、履歴書の「長所」「短所」をすらすら書けますか? 自分のことって、けっこう難しいですよね。理性をもって自分を見なければなりません。そこであなたの履歴書の「長所」「短所」に、あなたの友人の長所と短所を書いておきましょう。人さまのことだったら、簡単ですよね。

あなたが友人で「感情的に」ステキだなあ、イヤだなあという部分をピックアップします。気になるA君、Bさん、C君について次のように思ったとします。

A君は、惚れ惚れするくらいカッコいいんだ。たぶん動き方がいいんだ。思いついたら、すぐに行動しているのもステキだ。ふだんは遊び回っていて、試験前になるとノートを借りながらでも、いい成績をとる。大きなことを吹聴するけど、必要な資格の取得や勉強はしている。けっこう誠実なんだ。だから友だちも彼を頼りにしているところがある。でもケチでおごってもくれなくて、少しイヤなやつなんだ。

Bさんは、美人だし、気軽にだれとでも話をするし、服装も着飾らないばかりか、質素で、堅実。驚いたことに、小遣い帳をつけていて、昼食代など、細かく決めているんだ。

C君は、腰は低くて、人のことを気にしているから、ぼくはけっこう気に入っている友だちなんだ。でも服装もダサくて、見た目を気にしていないんだ。それがぼくは気に入らない。ちょっと驚くのは、黒縁のメガネをとると、けっこう優しそうな目で、人懐こい感じなんだ。


A君、Bさん、C君の長所と短所を集めて、整理をします。
長所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
思いついたら、すぐに行動します。どんなことにでも熱心で、必要とあれば、結果を出すために努力をして良い結果を出します。大きなことを実現するために必要な勉強を惜しみなくします。気軽にだれとでも話をすることができて、人への気遣いができます。また人に頼りにされて、誠実です。

短所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
服装など見た目には、あまり気遣いがなく、お金などで、ものおしみします。

さて、この長所と短所を持った人は、だれでしょう。あなたのことです。「感情的に」あなたが気になった友人の性格や振る舞いは、あなた自身の特徴を示しているのです。

自分は、どんな人間だろうと思ったら、友人に投影された自分の姿を見ればいいのです。紙を一枚用意して、友人で「感情的に」自分が気になる部分をピックアップをすれば、すぐにほんとうのことが分かります。
posted by ほうとく at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

幸運をつかむ

だれもが幸福でありたいと願われます。そのためには幸運をつかんだ方がいいですよね。では幸運は、どこにあるのでしょうか。そこここ、どこにでもあるというものではありません。あるところに行けば、あるのだというような決まりきったものでもありません。

むしろ運のある人が、そのときどきに運のあるところに赴いて自分のものにしてしまう、という感じに見えます。

ということは、気合いが入りすぎると、運が呼んでいても、そこにうまく行けないことになって、受け取り損ねます。

運を受け取る態度というのか度量は、必須ですが、リラックスして、運の導きに任せて、運のあるところに自分自身を連れて行かなければなりません。
ラベル:幸運
posted by ほうとく at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする