2021年11月15日

ヴィルヘルム・マイスターを、突然、思い出した

Wilhelm_Meisters_Lehrjahre_1795.jpg


昨日の朝、仕事場で、何の脈絡もなく、「ヴィルヘルム・マイスター」が浮かんできた。

それって、何だっけ、ああ、あれかな、ゲーテの、、、という曖昧なことをきっかけに、ゲーテをよく読んでいた学生時代を思い出したが、『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』や、その続編の『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』を読んでいないようだと気づいた。だが、内容を散見し、教養として役立っているかもしれない。

ゲーテを知らなければ、その作品で見落としてしまうことが生じる。ゲーテの作品を、今、読めば分かることも多いだろう。

写真 : Wikipediaから
https://en.wikipedia.org/wiki/Wilhelm_Meister%27s_Apprenticeship#/media/File:Wilhelm_Meisters_Lehrjahre_1795.jpg

岩波文庫で3分冊になっているようだ。










posted by ほうとく at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月25日

リッカルド・ムーティの挑戦

Riccardo_Muti.jpg


写真 https://en.wikipedia.org/wiki/Riccardo_Muti

世界的に知られる指揮者、リッカルド・ムーティは、シカゴ交響楽団の常任指揮者だ。今年(2021年)、80歳。2022年度(2023年)まで契約は延長された。

ムーティには、芸術的な妥協がない。それが、意固地でもなく、清々しい。だから、多くの楽団、演出家、音楽家とトラブルが生じても、新たな場での活躍が用意される理由なのだろう。

彼は、イタリア人で、バーリ音楽院でピアノを専攻していた。音楽院オーケストラの公演で、予定していた指揮者が病気で演奏ができなくなった。ムーティが代役に抜擢されたが、彼は不安で一度、辞去している。しかし、簡単な拍子の振り方だけ教えられ強引に任された。そらが素晴らしい演奏になった。

チェリビダッケは、「音楽は『無』であって言葉で語ることはできない。ただ『体験』のみだ」「始まりの中に終わりがある」と語る指揮者で、他の指揮者を高く評価しないかったが、リッカルド・ムーティについては、「恐ろしく無知だが」「才能がある」と認めた。チェリビダッケが才能を認めたのはムーティだけだと言われている。

ムーティは、1971年に、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(1977年以降は「フィルハーモニア管弦楽団」)の首席指揮者に就任して以来、ロンドンには長く関わっている。しかし一部メディアが反ムーティを掲げて、聴衆の一部も反ムーティを激化させた。2005年にはスカラ座共同参画でロイヤル・コヴェントガーデン歌劇場に初登場する予定であったが、演出家と対立してキャンセルした。メディアは、さらにムーティ攻撃を強めた。2006年にフィルハーモニア管に登場したのち、2009年までフィルハーモニア管弦楽団演奏の機会がなかった。

フィラデルフィアの音楽監督に1980年に就任した。ポスト、カラヤン争いで候補に挙がったが、激務を理由にフィラデルフィアの音楽監督を1992年に辞任。

1986年、スカラ座の音楽監督に就任する。椿姫は、カラヤン以降上演されていなかったが、ムーティが上演した。彼は、ブーイング集団を秩序維持のために場外に追いやり、一部常連客らとの対立もした。2005年に、スカラ座の管弦楽団員と職員の投票により圧倒的多数で不信任を表明され、辞任した。

スカラ座辞任直後にシカゴ交響楽団に客演を要請され、その後、楽団のメンバーから多くの手紙や署名が届けられ、2010年からの音楽監督就任を決心した。就任前の2009年1月のコンサートで、人気が過熱した。支援者のチケットの入手が困難になって失望させた。そこでムーティは前例のない「スポンサー限定公開リハーサル」を実施して難局を乗り切った。

彼は、シカゴ交響楽団に期待されている演奏を理解して、指揮をしている。楽団を指揮しながら、自分自身を導いている。

posted by ほうとく at 11:07| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月31日

超絶美人が浮気男を引き当てる理由と解決の方法

notes-3819574_1920.jpg


ご相談にお越しになる方は、さまざま。内容もさまざまです。「美人さんやなあ」と思う方からの相談をお受けすることもあります。その美人さんの相手さんの浮気癖が問題になりそうだと思うことがしばしばあります。

浮気癖は、超絶美人さんのお相手さんに現れやすいのです。彼らは、たいてい優秀男です。

浮気癖のある男性が優秀だとか、そのパートナーが必ず美人だ、というわけではないので、悪しからず。

ふつうの美人を超えている美人の特質が、てきぱきできる有能さです。それが、相手の浮気を誘導しているとは、多くの人は気づきません。

理屈は簡単です。超絶美人は、優秀な男性と縁ができやすいのです。彼らは、授与する能力が高いのです。ところが超絶美人も、授与できる能力が高く、つまり自分で何でもできるので、受容の能力を発揮する機会がなかったのです。男性は、自分の授与を受け容れない超絶美人ではなく、自分を受け容れてくれる女性に向かうのです。

と言っても、自分を受け容れてくれる「ように見える」「美人」に向かうのですが。

超絶美人が、浮気をしない優秀男を獲得するには、自分の受容の能力を上げるようにトレーニングしなければなりません。

Christine SponchiaによるPixabayからの画像
posted by ほうとく at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月09日

Doing here and there

background-3069469_1920-40.jpg


It's been a long time since the rainy season started. The summer solstice has already passed and the summer is in full swing. The full moon is coming soon. Today was a dark day with rain from the morning. There was thunder in the evening.

I held a monthly festival for my grandfather in my room and offered sake from his hometown.

Shortly after the festival was over, I attended a rally beside It is a small hall for the Holy Spirit, where gods gather.

Around sunset, the rally was over and the participants returned to their respective homes. I went down the hill and returned to my room.

I woke up. And now I'm writing about what I did in my room all day today.

The Image from AIX by S. Hermann & F. Richter
posted by ほうとく at 03:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月08日

8世紀の日本の疫病の対策

jpegOutput-4-30.jpg


jpegOutput-1-30.jpg


jpegOutput-2-30.jpg


jpegOutput-3-30.jpg


日本の中央政府は、8世紀初頭までに疫病のモニタリング制度を導入していた。そのために、西暦735年ごろ九州で発生した天然痘の情報も政府は、把握していた。

735年8月までに九州北部では天然痘が大流行した。大宰府は8月23日、管内(九州)の住民に対する税の一部の免除の要請し、朝廷は許可した。その病気は、全国に広がり、総人口のおよそ3割の人が亡くなった。

天平9年6月26日(737年7月28日)に「太政官符東海東山北陸山陰山陽南海等道諸国司 疫病治療法および禁ずべき食物等のこと、七カ条」が出された。百姓にもきちんと周知し、食べる米がない者に国から米を提供するように指示している。

要約すると

1、今回の疫病は天然痘で、高熱になる病気で、発熱後、3日から5日で発疹が出る。吹き出物が3日から4日続く。全身が焼けるように熱く、水を欲しがるが、飲ませてはいけない。その後、熱は引き、下痢を併発する。治療しないと出血する。併発の症状は、咳、嘔吐、吐血、鼻血。それらの合併症より、下痢に注意し、以下の治療をする。
2、腹、腰を温かくしておく。
3、寝床を温かくしておく。
4、粥、栗汁は、暖かくても冷えていても与える。鮮魚、冷肉、果物、生野菜、生水、氷はよくない。
下痢を起こしたら、韮や葱を煮て、大量に食べさせる。血便や乳状便が出たら、糯(もちごめ)の粉と米粉を混ぜて煮、一日に2、3度飲ませる。下痢が止まらなければ、5、6度に増やす。やわらかい粥がよい。
5、無理をしても食事をとるのが肝要だ。あぶった海松(みる、海藻)や塩が有用だ。
6、回復後20日間は、鮮魚・冷肉・果物・生野菜を摂取してはいけない。生水・水浴・性行為、風雨の中を歩いたりすることを慎むように。この注意を守らないと、下痢を再発し、治らなくなる。20日過ぎれば、あぶった魚も肉もいい。乾鮑(ほしあわび)・堅魚(なまりぶし)・乾肉の類もいい。鯖(さば)や鯵(あじ)はたとえ干物でも止めておくように。年魚(あゆ)もいけない。蘇(乳製品)・蜜・豉(豆腐)などはいい。
7、疫病を治そうと思ったら、丸薬・散薬など(インチキな薬・効力のないもの)を求めて飲んだりしてはならない。もし熱が引かなければ、人参湯だけは飲んでもよい。

その翌年1月(738年2月ごろ)には終息した。
posted by ほうとく at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。